日本からカップラーメンを購入 (その3)

同じ日に、地元の郵便局のManagerから直接電話がありました。荷物をまた持ち込むのは面倒なので、誰かを送ってDamage Reportを書いてもらえないか頼みましたが、却下されました。

話はすでに通っていたようで、聞かれた内容は、局員の誰が担当だったのか、アジア人かインド人かなど、まずは誰が対応したのかの確認から始まりました。

結局、Managerは時間外でもいるので、翌日、朝早く持ち込んで直接見てもらえることになりました。

営業時間は10時からで、9時ぐらいに訪れる約束はしたものの、ちょっと嫌な予感はしていました。

ちゃんとアポイントを取っていたのに、当然表玄関は入れませんし、ベルを鳴らしても誰も出ません。電話をかけても誰も出ない。。。また騙された気分になりつつ、ドアを必死にたたいていましたが、応答なし。。。周りの人の目は、不審者を見る目。。。

仕方がないので、裏側の配達用のトラックが出入りするところから、入れないか行ってみました。

当然のことながら、不審者扱いされ、Managerとの約束があると説明してやっと表玄関を空けてもらえました。さらに待つこと数分、やっとManagerに会え、悲惨な荷物を見せることができました。

食べ物ですからね、濡れたらだめすよね。

ということで、やっとのことでDamager Reportを書いてもらったのですが、なんと荷物が証拠として全部没収されました。

もし商品を全額保障してもらっても、EMSの送料を何とかしてもらわないと、結局大損になるのでは。。。

こういうのって時間がかかるものですが、どんな結果が出ることやら。。。