帰ってきたToyota Sienna Limited!

Toyotaのディーラーで修理中だったSiennaがやっと帰ってきました。

修理内容は、

  • エンジンの交換(2008年モデルの車に2010年のエンジン、マイルが13万8千だったところが、6万6千へと若返り!)
  • ウォーターポンプ(エンジンを交換したら普通は一緒に交換した方が良いということでついでに)
  • ベルトの交換
  • ラジエターの交換(エンジンの載せ替えが終わって最終チェックの段階で液漏れが発覚)
  • その他もろもろの整備

でした。

さすがトヨタですね、一度届いたエンジンがどうもトヨタの基準に満たなかったようで返品になり、時間はかかってしまいましたが、ちゃんとしたものを再度取り寄せてくれました。半年の補償つきです。壊れることはないと思いますが。。。

エンジンルーム。とてもきれいになりました。
前の写真がないのですが、見た感じ新品同様。
おまけで交換してくれたバッテリー。もちろん純正の新品です。ただです。
部品名はわかりませんが、ここも新品。
ここも新品。

さて、かかった費用ですが、、、聞かないでください!

4月に購入したときの値段以上かかってしまいました。。。同じ物かそれ以上のものが買えそう、、、という思いが頭によぎりました。。。

当然、廃車にすることも念頭に置いたものの、サービスアドバイザーによると、下取り価格はゼロ、もし廃車にするのなら、おそらく、トヨタ自身でエンジンを載せ買えて、売りに出すぐらい、他の状態が良いということで、直してもらうことにしました。

もうトラブルはごめんなので、廃車にして当面はリースにしようかと計算してみたのですが、リースだと3年後何も残らないのに対し、修理しておけばとりあえず3年後でも何かしらの値段がつくので、この車と一生を共にすることにしました。

子供たちも、この至れり尽くせりの機能が気に入っているので、これはこれとして甘受したいと思います。